NAO YOSHIOKAの年齢やプロフィール!アメリカでの活躍とデビューも

NAO YOSHIOKA(なお よしおか)さんといえば、今や世界で活躍しているソウルシンガーですね。

2009年から2年半ニューヨークで活動して、アポロシアターのアマチュアナイトで準優勝をかざりました。その後ヨーロッパでもでの活動でも高い評価を受け、アメリカでのツアーも成功させました。

少し前に流れていたPEACH JOHNのCMに使われていた曲です。

Nao Yoshioka – Spend My Life (Short Ver.)

かっこいいです。歌唱力と英語力はすごいですね。

NAOさんは、世界での活躍がすごいのに、日本ではまだあまり知られていません。

そこで、このNAOさんについて、まとめてみました!

NAO YOSHIOKA(なお よしおか)さんのプロフィールとデビューのきっかけは

生年月日:1988年3月2日
年齢:27歳

子どもの頃、姉の影響でMTVで洋楽を聞いていて、自分でも軽音楽部でボーカルをしていたそうです。

2009年、21歳で歌しかないと決意してアメリカに行きました。
アメリカでレッスンを受けながらコンペに出場しました。

自分がやりたい音楽が日本でできないならば、できる場所に移ればいい

というのが当時のNAOさんの考え方だったようです。

日本に帰ってきてから、日本のミュージシャンと交流するなかで、日本にも世界を目指すことができる才能あるミュージシャンがたくさんいることに気づいたんですね。

そんななかで、SWEET SOUL RECORDSの日本のアーティストを世界に紹介するというコンセプトに共感したようです。

世界が変わるのを待つのではなくて、自分で世界を変えるという意味で、「Make the Change」(変革を起こす)というオリジナル曲が作られたそうです。

NAO YOSHIOKA

NAOさんなら、これができる実力と経験がすでにあるので、才能あるミュージシャンがもっと広い世界で活躍できるように引っ張っていってもらいたいってことだそうです。

野球の野茂選手がパイオニアとして、メジャーリーグで才能ある日本の選手が活躍する道筋を創ったのに似てますね。

スポンサードリンク

NAO YOSHIOKA(なお よしおか)さんのこれからは?

2015年4月8日発売のメジャーデビューアルバム「RISING」に収録されている「DREAMS」です。幼少期の自分が夢見る姿へと成長していくストーリーだそうです。

Nao Yoshioka – "Dreams" Music Video

世界の一流ミュージシャンと共演して、こんなに世界で活躍しているのに、まだ日本での知名度が低いです。

もっと日本の音楽番組にも出演してもらって、メジャーになってもらいたいですね。

そして、世界でもさらに良い音楽を続けてもらいたいですし、日本全体の音楽のレベルを高めていくことも期待したいです!

スポンサードリンク

コメント