DigZoom

ネット上のあらゆる話題を発掘してお届けします!

リトグリ「Colorful Monster」発売記念イベントに行ってきた!

   

リトグリ(Little Glee Monster)の1stアルバム「Colorful Monster」発売記念イベント(ラゾーナ川崎)に行ってきました。

「好きだ」、「小さな恋が、終わった」など4曲、生の歌声はやっぱりいい!大盛り上がりでした!

CDなどで聞くのと変わらない歌の上手さが良く判りました。

スポンサードリンク

15時からの回
リトグリ

4曲歌い終わった後は、メンバーの誰か1人との2ショット写真撮影、同じく1人とのサイン会、最後は全員とのハイタッチ会でした。

寒い中2時間位かけて、これをこなすメンバーは本当にエライ!

リトグリ出典:https://twitter.com/LittleGleeMonst

18時からの回は4階から観ました。

真っ白で何も見えない?
リトグリ

ライブを行ったラゾーナ川崎のルーファ広場は、ショッピングモールに囲まれた円形の広場で、4階まで観客がびっしりでした。

円形でアリーナ席もある武道館でライブを見ているような感じがしました。
武道館よりも広そうでしたので、これならいつでも武道館を満員にしたライブもできるんじゃないかと思いましたよ。

リトグリ

できれば、イベントの時間を減らして、歌の曲数を増やしてもらったような気もしました。
これだけ観客が多いとさすがに大変そうで、リトグリはアイドルじゃないはずですし。

でも、生のリトグリはほんとに良かった。イベントを満喫できました!

スポンサードリンク

関連記事:リトルグリーモンスター(リトグリ)の人気曲は?メンバーの評判も

 - 音楽

  関連記事もどうぞ!

リトグリ芹奈
長谷川芹奈(リトグリ)の私服がかわいい!身長体重と性格や高校も

長谷川芹奈さんは、“リトグリ”こと、「Little Gree Monster(リ …

チャラン・ポ・ランタン
チャラン・ポ・ランタンが海外で評判!小春&もものプロフィールも

チャラン・ポ・ランタンは、シャンソンなどの古典的な音楽をアコーディオンで奏でなが …

細美武士
細美武士の生き方!挫折と名言は?英語力や身長と結婚の噂も

細美武士さんと言えばカリスマ的なロックボーカリストですね。 カリスマ的ロックバン …

野田愛実
野田愛実のデビューアルバムの評判は?wiki風プロフィールも

野田愛実(のだ えみ)さんは、今人気急上昇中の“現役女子大生シンガーソングライタ …

ココロオークション
ココロオークションメンバーの大学やプロフィール!人気と評判は?

ココロオークションは、ストレートな歌声とサウンドで心に響く音楽を奏でる3人組のバ …

岸本勇太
岸本勇太の年齢&プロフィール!身長体重&性格は?熱愛彼女の噂も

岸本勇太さんは最強ボーカルユニットを結成するためのオーディション「DANZEN …

三月のパンタシアロゴ
三月のパンタシアのメンバーは?おすすめ曲や評判も!

http://www.musicman-net.com/artist/55267 …

ミラクルベルマジック(Miracle Vell Magic)
ミラクルベルマジック(Miracle Vell Magic)の夢と名言!年齢&英語は?

ミラクルベルマジック(Miracle Vell Magic)さんをもう知っていま …

一戸
荒川ケンタウロスのプロフィール!メンバーの大学や結成のきっかけも

荒川ケンタウロスは楽曲の良さで着実に人気が高まってきた5人組のバンドですね! 見 …

佐野玲於
佐野玲於のクランプダンスが凄い!性格は?好きなタイプも?

佐野玲於(さの れお)さんは、“GENARATIONS from EXILE T …

Comment

  1. 西田玄一郎 より:

    1月の川崎のイベントのときはすごい人手だったようだが、俺は今回、3月28日と29日のリトグリ北海道初登場イベントを見に行った。
    28日はアリオ札幌で5月の新曲発売記念イベント第1弾として行われたが、平日にも関わらず、多くのガオラーが集結し、リトグリが登場するなりアイドルグループと同じような歓声に包まれた。
    13時からの1回目は新曲2曲を含む5曲を熱唱。
    実際に生で見たリトグリは迫力満点で勢いのあるグループであることを実感した。
    リトグリの素敵なハーモニーが北海道に春を呼んできたと言える。
    何というかリトグリの歌に引き込まれて、俺も一緒に歌っていたくらいである。
    16時からは地元FM曲のラジオ出演もこなし、18時からの2回目ではゴスペラーズの「永遠に」のカバーを含む5曲を熱唱した。
    サイン会では小学生から女子中高生を中心に大人まで2回合わせると1000人くらいが参加した。
    翌29日は札幌市内のライブハウスでライブが開催され、400人で満員の中で多数の中高生ガオラーが集結した。
    まずトップバッターとして以前このサイトでコメントを書いたことがある北海道の人気デュオ「Softly」が登場して新曲を熱唱して会場が盛り上がった後にいよいよリトグリが登場すると割れんばかりの歓声と共にライブが始まった。
    リトグリの代表曲が次々と披露される合間にはトークもあり、北海道出身のアサヒが中心となったことはいうまでもないが、「アサヒお帰りなさい」の歓声の中でいつもよりアサヒがソロで歌うパートが多かった。
    曲数は8曲であったが、どれも全力投球でライブハウスに割れんばかりの歌声が響きわたっていた。
    俺が好きな曲である、「小さな恋が、終わった」、新曲「ハッピーゲート」を聴けたことには大いに満足した。
    そしてラストには次は北海道でワンマンライブを開催しようと呼びかけるとものすごい歓声と共に大盛況のままライブが終了した。
    俺としては同じライブでSoftlyとリトグリが連続して登場すること自体、夢のような時間であったが、リトグリは最初はアップテンポの曲を歌った後にバラードを披露するのはすごいうまい手法だと思うし、manakaさんのトークのうまさと麻珠さんの歌のうまさが特に光っていた。
    リトグリ北海道ツアーは大成功したといえ、次はワンマンライブになるだろうが、そのときにはさらに成長したリトグリを見るのが楽しみである。
    リトグリはこれから北海道でも人気が高くなるのは間違いないと思う。
    やはりアサヒさんが北海道出身というのが大きいと思われる。
    総括すると、リトグリは今や女子中高生のカリスマ的存在になりつつあり、生で見るリトグリはCDよりもすごくてアイドル的人気がありながら歌もうまいという、思い出すところではモーニング娘に匹敵するグループになる可能性も十分にあるのではないかと考える。
    まあ、俺たちのような庶民からすればリトグリはもう雲の上の存在かなと思ってしまう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。